カレンダー

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

◆ 草原は

2009年7月30日 17:50

DSCN6423.jpg 夏の森の中は、薄暗く林床まで光りが届かないので咲いている花は、春に比べるとすこぶる少なくなっています。

 しかし、草原は花盛りです。セラピーロードのスキー場や一本杉奥の湿地帯には、チダケサシ、コオニユリ等が咲いています。特にスキー場は、ヤブカンゾウ、イヌゴマ、ゲンノソウコ、ヒルガオなどの花で彩られています。

 写真はイヌゴマでスキー場の湿地で小群落を形成しています。 


◆ こぼんさん林業体験

2009年7月30日 08:33

こぼんさん林業体験3.jpg 昨日、こぼんさんによる間伐体験が行われました。まず林業についてのお話を聞き、山に入ると順番にのこぎりを使って木を伐りました。伐った木は3メートルに工夫をして小切って運び、コースターにしました。当日はとても蒸し暑く汗を流しながらの間伐体験でした。

 

 写真は、みんな力を合わせて、滑車を使いロープで木をひっぱって倒している様子です。

(S) 


◆ 雨の降る日が続いています

2009年7月28日 14:00

鳴子谷やぐら.jpg

 次の現場は、間伐した伐倒木の集材です。架線が張り終わり自走式ラジキャリを設置しました。その横には約6メートルほどのやぐらを設置。このやぐらはラジキャリの燃料を補給するためにつくられました。手前のユンボは木を掴むようにグラップルとなっています。

 集材作業は、とんかけ(山で木材を集材機の搬機にかける係)、荷おろし(搬機から木材を下ろす係)、そしてグラップルでトラックに木を積み貯木場への搬送となります。

 

 ここ最近雨がつづいています。梅雨明けはいつになるのでしょう。

(S)


◆ モデルハウス  製材・乾燥

2009年7月28日 13:49

IMG_0343.jpgIMG_0394.jpg 24日に高野霊木の家に使用する高野山の木材の製材が終わりました。写真は柱と丸太梁です。           節も少なくキレイな柱が取れました。

IMG_0379.jpgIMG_0385.jpg

 写真は、タルキと化粧野地です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◆ 思わず

2009年7月24日 18:47

DSCN6420.jpg森林セラピーロードのひとつ転軸山周遊コースを歩いていて道端に発生していたキノコ。スギの薄暗い林の中に浮かび上がるように出ていました。思わず足を止めしげしげと眺めてしまいました。

 ネットで調べるとコンイロイッポンシメジが一番近いような気がします。でも図鑑のコンイロイッポンシメジとは全く違うような。誰か教えて下さい。

                               (N) 


◆ 和歌山市の小学生による林業体験

2009年7月23日 16:41

林業教室(松江).jpg 昨日から二日間にわたり和歌山市の小学六年生による林業体験が行われました。

 自然観察と間伐体験の2班に分かれ、自然観察では植物の色や形を見たり、昆虫に実際に触れたり、鳥の鳴き声を聞きました。左の写真は奥ノ院の大杉に生えている苔をルーペで見ている様子です。

 心地よい森林の中、教室では味わえない開放感を感じることができたでしょう。

 

 

林業教室2(松江).jpg

 

 

 

 間伐体験は、樹齢約25年、直径20センチほどの桧をのこぎりを使って伐りました。ヘルメットをかぶり森林に入り伐り方の説明を聞き伐採に挑戦しました。はじめは慣れなくて苦労する場面もあったが、木がギギギッと音を立てて倒れると、「やったー」と歓声が上がり満足そうな笑顔がこぼれていました。

(S)


◆ こんなところで 

2009年7月22日 17:29

yubuyannma.jpg 奥の院にはいくつかのお堂がありますが、そのお堂のひとつ護摩堂というお堂があります。護摩堂は玉川のほとり、水向地蔵と2m程の小道を隔てて建っています。

 そのお堂の足元に今日ヤブヤンマの羽化直後の個体を見つけました。

 人通りの多い中よく踏まれずに道を横断できたものですね。

                                (N)


◆ NHKの取材がきました

2009年7月21日 17:05

P1010477.JPG本日、NHK和歌山放送局制作「わかやまNewsウェーブ」より森林セラピーについての取材が行われました。

 自然観察や、セラピー弁当を食べたり高野山ならではという事で、写経体験などが収録されてす。

放送日は、7月30日(木) 夕方18:10から19:00まで

    ※和歌山県内のみの放送になります。

 

特捜!なるほどリサーチ社と言うコーナーで放送されますので、皆さん是非ご覧下さい。

 

y.i

 


DSCN6360.jpgのサムネール画像 梅雨明けを思わせるような、晴天に恵まれた7月14日、NHK文化センターの主催により森林セラピー体験が行われました。

 先ずは奥の院の入口、一の橋にてインストラクターから森林セラピーについての説明、ストレッチが行われ、2班に分かれ出発。

 奥の院は樹齢200年から600年のスギを中心に鬱蒼とした森が約2.5kmも続きます。

 

 

DSCN6362.JPGのサムネール画像

 

 ここのスギは、江戸時代に高野山を訪れた各地の信者様が地域のスギを持ってきて記念樹として植栽されたものと考えられています。よくみるとその形も色々、枝が大きく張ったスギ、枝が垂れ下がったスギ等スギを見ているだけでも飽きません。また、そのスギに守られるように多くの生き物たちが暮らしています。

 インストラクターから、ムササビの巣穴や苔などの説明を受けながらさらに奥へと進んでいきます。

 

 

DSCN6363.JPG 2km程歩くと人通りも多くなり、少し開けお堂が木陰から見えてきました。

 朱印帳やお守りなどを販売しているお堂や、お茶の無料接待をしている休憩場(茶場)など4棟ほどの建物が軒を並べています。

 ミソサザエの囀りがお堂の屋根より降ってきます。

 茶場で、トイレ休憩とお茶の接待を受けます。

 

 

DSCN6364.JPG

 弘法大師が入定された御廟にお参りし、黒河街道を通り三本杉へと向かいます.。

 

 

DSCN6366.JPGのサムネール画像  

 

 

 三本杉を通りスギ、コンクリートの橋を渡るとヒメシオンが咲きモンシロチョウによく似たスジグロシロチョウが吸蜜に訪れています。ふと川茂に目をやると、オタカラコウにミヤマカワトンボのオスが縄張りを見張っています。

 

                         

DSCN6367.jpg

 

せせらぎの音を聞きながら奥に進みます。ここ数日続いた晴天でカツラの甘い匂いが強くなっています。

 囲炉裏のある小屋で昼食を終えた後は、いよいよ森呼吸です。ハルニレの大木やカツラの林床でゴザをひいて、腹式呼吸を。その間スタッフは、お湯を沸かしコーヒー、お茶の準備。

 

 

DSCN6373.JPG  DSCN6375.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCN6370.JPG

 

  コーヒーを飲み再び黒河街道を通り奥の院方面に

途中左に折れて隠れ谷林道を摩尼山方面へと進みます。

モミの大木が数本、その林床にキツリフネの群落が。キツリフネは、ホウセンカの仲間で花もよく似ています。

 その後、車道に出て中の橋方面に、玉川の岸にはユキノシタやオオバギボシが今を盛りと花を咲かせています。

 

                         

DSCN6371.JPG

 鬱蒼とした旧墓地とは対照的に明るい公園墓地を通り中の橋につきました。ここでクールダウンのストレッチを行いお別れの儀式です。

 

DSCN6377.JPG

 

 

 

 

     心配した雨も降らず、14,16日と楽しんで、そして森での森呼吸で、リラックスしていただけたと思います。そして、NHK文化センターの木村先生、吉田様お疲れ様でした。少しハプニングがありましたが、やがてはそれも楽しい思い出となるでしょう。                   (N)

花の咲いていた植物及び動物達

 キツネノボタン・ウマノアシガタ・イヌショウマ・ヤマトウバナ・キュウリグサ・ウツボグサ・ノリウツギ・ドクダミ・ヤマアジサイ・キツリフネ・オオバギボウシ・ユキノシタ・アジサイ(植栽)・ガクアジサイ(植栽)

スジグロシロチョウ・チャバネセセリ・ミヤマカワトンボ・ニシカワトンボ・シジュウガラ・キビタキ・オオルリ・ウグイス・ソウシチョウ・ミソサザイ・イカル・キジバト

 

                                                              

 

 

 


◆ 枯れ松伐採

2009年7月14日 17:45

天神社境内の松を伐採しました。伐採方法は、20tのクレーンでの吊し切りです。天神境内 008.jpg(T.T)


◆ 甲虫の形 

2009年7月 9日 08:22

 DSCN6344.jpg                            

7月昆虫達の活動が活発になります。昆虫は卵、幼虫、蛹と変化していきますが、(中には蛹時期が無い昆虫もいます)成虫になっても中々面白い形をしています。特に甲虫の仲間は、何故?そんな形しているのこ不思議な種類が多いです。特にゾウムシの仲間は、その代表といっていいでしょう。写真はシロコブゾウムシ。のっぺりした顔と前肢のコブが特徴的です。 

                              (N)


◆ モデルハウス 地鎮祭

2009年7月 7日 15:40

地鎮祭2.jpg

午前10時より霊木の家モデルハウスの建設に伴う地鎮祭が執り行われ、庄野光昭執行長をはじめ関係者約20名程が工事の安全を祈願しました。

高野山の大自然で育てられた木を使った丈夫で人にやさしい家をご紹介するモデルハウスです。

完成予定は12月です。                                 

(S)

 

 

 

   


P1010385改JPG.jpg

 

 現場での作業中、重機で木をどけると身を潜ましていました。名前はよく聞いていましたが、実物を見るのは、初めてでした。

 写真のヒバカリは、脱皮前だそうで目のあたりが少しかすんでいます。

 ヤマカガシと間違えて、その名前がついたそうですが、無毒で気性も穏やかです。

 

Y.I


DSCN6342.jpgのサムネール画像

 三本杉前の広場に車をつけると、ウグイスの囀りが間近に聞こえ、遠くからはクロツグミの朗々とした囀りが聞こえてきます。

 三本杉は三本の巨木が寄り添うように古道の傍らに立っているためにつけられた通称です。この杉の前は、広場になっており、自家用車なら20台近くは停められます。

 

 さて、三本杉の横のフェンスを通り抜け、左手に直径2m程もある杉の巨木2本を見ながら古道を奥の方に進んで行くと、道ばたにはドクダミの清楚な花の群落がみられます。薄暗い林床にはキツリフネやヤマアジサイの花もポツポツみられます。

 

 

 

DSCN6343.jpg

 

 街道杉に囲まれた薄暗い道を200m程歩くと道が二手に分かれています。右に進むと街道で、九度山町の黒河の集落(廃村)を通り大和、河内街道へと続きます。

 左手の道を進みます。コンクリートの橋を渡ると 少し明るくなってきます。このあたりには8月までよくカワトンボの姿をみることができます。今日も葉の上にとまって近くを飛ぶ昆虫を狙っています。

 

DSCN6345.jpg

 50mも歩くと右手にシラカバやカツラの広葉樹の林が広がり、左手は手入れの行き届いたスギ林となります。この杉林は最近まで間伐作業をしており、スギの香りが漂ってきます。

 右手に小屋を見ながらさらに奥に進むと、左手に小さな池が現れる。この池の周りのミズナラやサツキにはモリアオガエルの卵塊がぶら下がり、池の中にはオタマジャクシやイモリが泳ぎまわっています。時々カエルを狙ってヘビも現れるが、今日は、その姿を見ませんでした。そろそろ、モリアオガエルの産卵時期も終わりに近づいているようです。                       

                         

                               

DSCN6347.jpg

 本日は、ここでユーターンして来た道を50m程戻り、新たに造られた歩道に入ります。2年前に間伐した林内は、当初はあれた感じでしたが、下草も生え落ち着いた感じになっています。ヤマアジサイの花を見ながら200m程登ると峠に着きます。峠には、丸太で椅子が造られており、一休みには、調度いいのですが、今日は、時間が無いので休憩せずに先に進みます

                                                        DSCN6349.jpg

    

DSCN6348.jpg    

                         

   谷からは、キビタキやミソサザエの美声が聞こえて来ますが、深い緑でその姿を見ることができません。蕾のつけたモミジガサの群落を抜けると道は平らになり小さな橋のたもとには、クリンソウが種をつけています。クリンソウは5月にピンクの花を咲かし人気のある山草です。

 その先で道は二手に分かれているが、右にとり短縮コースを。橋を渡り10m程進むと女人道にでます。足元には、ウツボグサ、イヌトウバナが咲いています。女人道を左に進み一本杉を通り過ぎると前方に車道が見えて来ます。

その車道を左にとり5分足らずで、車を置いた地点三本杉 に到着。   

本日歩いたコース (約2km 所要時間 1時間)

三本杉→黒河街道→旧苗圃→一本杉→三本杉

花を咲かせていた植物

ヤマアジサイ、ドクダミ、キツリフネ、シロツメグサ、ムラサキツメグサ、ヒメシオン、イヌホオズキ、イヌトウバナ、ウツボグサ、シラキ

注意

三本杉のフェンスは車止めです。人は、歩きなら横から入れるようになっています。

一本杉から三本杉までの車道は車の通行量が多いので注意して下さい。

                                                        (N)

                            

 
RIMG0078.改jpg.jpgのサムネール画像

■研修会スタート

5月に、森林セラピーインストラクター研修会が行われました。

 ルートは極楽橋から不動坂を上がり、コウヤマキ群落保護林女人堂ルート一本杉子継地蔵三本杉のルートです。

 個人ではたまに通る不動坂ですが、インストラクターの説明を聞き自然観察をしながら、登ると新たな発見がたく                                                        さんありました。

 

 

シャガのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

■シャガ(アヤメ科)

名前を知らなかった花でも、名前を知ると、愛着がわきます。極楽橋を渡ると、歩道脇には、シャガの群生がありました。

 

 

 

         

         

RIMG0077.改jpg.jpgのサムネール画像

■虫の揺りかご

 さらにこの日は、オトシブミに注目しながらの散策でした。

 オトシブミは、一枚の葉っぱに一つの卵を産んでそれをくるんで落とすのが、オトシブミだと思っていましたが、 左の写真のように、オトシブミの中でも落とさないオトシブミもいるそうです。

 

 

 

              

RIMG0121改.JPGのサムネール画像

 

■手紙の送り主

 

その近くにいたオトシブミの成虫です。

 

 

 

 

Y.I

 

 

 


◆ 桜の古木

2009年7月 1日 15:52

本山前庭no桜古木.jpg

金剛峯寺前庭の桜の古木です。この桜には名前の分かる植物だけでも、桧、高野槇、石楠花が天然に生えています。自然はすごいですよね、いのちはみんなつながってるんですよね。