カレンダー

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

◆ モデルハウス  上棟式

2009年8月31日 11:12

P1010001.jpg

 

 8月31日朝、高野霊木の家モデルハウスの上棟式が行われました。

 

 

 

 

 P1010010.jpg

 

                                                                                         大工さんが屋根に上がり棟を打ち付けいる写真です。

 

 

 

 

 

P1010021.jpg

最後にお餅投げで上棟式が終了しました。

やっと形になりました。

                        (T.T)


◆ 雷をうけた杉の伐採

2009年8月31日 10:33

P1010015.jpg

8月28日朝。

 

以前雷で、てっぺんを飛ばされた杉がありました。

本山の尊厳護持のためにも、そのまま放置していては

危険ですので、山林部でこの杉の伐採を行いました。

胸高で55cmあり、結構立派な物でした。

 

                                                                                                    

P1010022.jpgのサムネール画像

 

しかし、伐倒してみると。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1010024.jpgのサムネール画像

 

雷による割れが根本まで入ってました。

雷の力、自然の威力を感じさせられた一日でした。

 

(T.T)


◆ トンボの色

2009年8月26日 08:15

 ruribosiyannma.jpg

 日本には、190種余しのトンボがいます。へえー、そんなにいるのと、思われる方が多いと思いますが、昆虫の仲間では凄く種類の少ない仲間です。そしてトンボの仲間は綺麗な種類が多いのも特徴のひとつです。そこで、主観的(単色のトンボはほとんどいませんが見たときのイメージで分類しました。)ですが、何色のトンボが多いか調べてみました。一番多いのは、黄色特に黒地に黄色の模様のあるタイガースカラー、次に赤、次いで青、緑、黒、茶と続きます。

 写真のトンボは、オオルリボシヤンマと呼ばれています。

皆様には、何色に見えますか。

◆ 神戸市の中学生による林業体験

2009年8月25日 17:14

須磨学園.jpg

 昨日、神戸市の中学生43名が「ゲンジの森」周辺で間伐体験をしました。森林や間伐についてのお話を聞き、直径約20センチほどの桧を伐採しました。

 写真は山に入る前の準備運動の様子です。

 

 

 

 

 

 

須磨学園2.jpg

 

 中学生ともなるとコツを覚えるのが早くあっというまに伐採しました。暗かった林内にも少しづつ光が入り間伐の大切さを実感しました。

(S)


◆ きのこ、キノコ、木の子

2009年8月18日 11:58

DSCN6452.JPG

 

今年は、雨が多くきのこの発生がよくみられます。三本杉奥の広葉樹林の林床で見事な菌輪を見つけました。

 ネットで調べると、英語では "fairy ring"、"fairy circle"、"elf circle"、"pixie ring" など「妖精の輪」と表現されるそうです。

 

DSCN6456.JPG

 

 

 さて、こちらのキノコは、キノコらしからぬ姿をしたキノコです。ヒダナシタケの仲間で、その形や色からベニナギナタタケとよばれています。あまり食べたく無いけれど食べられるそうです。 

 

DSCN6458.JPG

 

 

 

 

 

 

 あとひとつの木の子は、シロソウメンタケです。素麺は白いのに何故わざわざシロソウメンタケと付けたのでしょう?   図鑑で調べるとキソウメンタケというのがあるそうでそれに対比して名付けられたのかもしれませんね。

                            (N)

                     

 

 

 


◆ 自然の観方

2009年8月12日 17:39

DSCN6451.JPG 今日高野町の役場に行くと「ブログを見てます」と、声をかけてくれました。少し話をすると結構面白い女性で、「私今まで植物は食べられるものと、そうでないもの。昆虫は、毒のあるものと、そうでないものとしてしか見ていなかったです。あんな見方があるのですね。」と、でもこのブログにアップしている見方はごくごく普通の見方だと思うのですが。色々な人、考えがあって面白いですね。

 さて、今日山で見つけたササ(スズタケ)の山。あなたは、これをどんな風に観ますか?

                                (N)


◆ 古道発見

2009年8月 7日 18:25

DSCN6435.JPG

 

 山に入ると色々な物を発見します。それは、植物であったり、動物であったり、はたまた出会いたくない者であったり色々です。今日は5月に行った研修の時に見つけた一本杉周辺とそこから伸びる古道の笹藪の刈り払いを行いました。

 

 

 

 

DSCN6440.JPG

 

一本杉と思われる杉の近くにある道標を見てみると右転軸山、左奥の院と彫られています。ということは、ここは、辻にあたるみたいです。よく見ると右の道は、水平に転軸山方面へ。左は、下りながらややカーブを描き三本杉、奥の院方面へと伸びているようにもみえます。

 

 

 

 

 

 

DSCN6443.JPG

 現在の一本杉入口付近。歴史的な背景も考えるとこの道はトロッコ(森林軌道)が通っていた軌道敷きの後と思われます。

ということはその近くにある、楊柳山という道標は転軸山入口付近から移築した可能性が大きいみたいですね。

 

 

 

 

DSCN6442.JPG

 

 ということで、地図に落としてみると、こんな道の姿になります。一本杉も三本杉も辻、辻にあって道標とともに古来からの道しるべとなっていたのでしょうね。

 道を歩きながら、今歩いている道の歴史を考えるのも楽しい一時かもしれませんね。                                                  

                               (N)

古道.jpg                        

◆ セミの抜け殻

2009年8月 5日 13:15

シニア自然大学4.JPG

 セラピーロードの奥ノ院参道ールートを歩いていますと、誰かが置いたのか、石柱の上にセミの抜け殻を発見しました。

 この日は、アブラゼミ、ニイニイゼミの声がよく聞かれました。

 写真の抜け殻を見ていますと、どこか寂しげにも見えますが、成虫となったセミは、元気いっぱい夏の訪れを知らせてくれています。

 

y.i


◆ へんな習性

2009年8月 4日 13:16

 DSCN6431.JPG                             

 蜘蛛の仲間でゴミグモというグループがあります。このグループの蜘蛛は写真のように巣の中央に巣に掛かったゴミや餌のかすを集めます。その習性は、自分の姿を獲物から隠すためだとか、巣をカモフラージュしているためだとか言われますが、本当のところはどちらなんでしょう?

 

 そういえば人間社会でも自分の家にゴミを貯め込むのを趣味にしている人がいるみたいですね。

 

                           (N)

◆ 夏?秋?

2009年8月 4日 08:26

DSCN6428.JPGのサムネール画像 長い長い梅雨がようやく明けたみたいですね。これから夏の太陽が照りつけ、夏本番。

 ネムノキの花が、暑さを忘れさすように、涼しげに風にゆれています。  

 

 

 

 

 

 

DSCN6427.JPG でもその横で秋の花の代表とも言えるハギが咲き出しました。写真のハギはマルバハギといいますが、花の時期は、ハギとかわりません。

                              (N)