カレンダー

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

高野霊木之家。

約半年に渡る高野山での施工が終り、12月21日、ようやく完成しました。

高野霊木(高野杉)の構造材で創る

高野霊木之家
     「国土交通省 地域住宅モデル普及推進事業」

高野町の景観条例第1号にあたる物件でもあります。

共利群生の森を目指し、その尊厳護持の理念のもと、

弘法大師空海(お大師さま)が守られてきた森林資源を活用し、

一千年、二千年と循環させること。

その「尊厳護持」を伝える、モデル建築です。

 

RIMG8379.JPG

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、こんな言葉があります。

 

禽獣草木皆是法音
  (きんうじゅうそうもくこれみなほっとん) 

生きとし生けるものはみな仏の教えであり、曼陀羅である。
生物多様性の理念は、すでに、仏教界では遠く昔から言われ
ていたのです。

そんな共利群生(きょうりぐんじょう)の賜物である山林資源
の「木」で創られた高野霊木の家。

 

・気候風土などの地域特性に配慮した五感に訴える木の暮らしが体感できること

・健康で持続可能な暮らしができること

・二酸化炭素の吸収、固定、ウッドマイレージの低減によいこと

・地元で生産される木材による地域健材利用により地場の大工等が活性化すること

・景観条例の先進モデルとしての象徴的なモデルであること

・住民、観光客、信者との新たなコミュニティの場になること

 

 などなど

「建築物」としての魅力のみではない魅力があります。

 

(写真では感じ得ない高野霊木(高野杉)の香りは、

          とても癒されること間違いありません。)

 

RIMG8376.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

  

ウッドデッキと格子と木製戸袋と柱に高野霊木(高野杉)

木目が美しく、スッと伸びています。

 

 

R0018996.JPG

 

 

 

 

 

 玄関正面の遥拝壇は綺麗な白色の天然漆喰と高野霊木(高野杉)で、霊験あらたかな気持ちに・・・。

グランドオープンの際には、掛軸など準備いたします。

 

 

  

RIMG7897.JPG

 

 

 

 

 

大きな梁も高野霊木(高野杉)。

お子様にやさしい杉の板は、健康にもよく気持ちがよい。

2階からの景色も抜群です。

 

 

 

R0018987.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この床の間には400年以上の歴史に触れられます。

是非、ここでのストーリーや詳しいご説明はご当地で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の
高野山真言宗の皆様

のみならず、

 

全国の
森林資源による循環型社会を目指す皆様、

 

全国の

地域づくり関係の皆様

 

全国の
素材業者、製材業者、木材販売業者、大工、工務店の皆様


ぜひとも、世界遺産・高野山の森を体感し、
この地域モデル住宅に、お立ち寄り頂ければ幸甚です。

グランドオープンは4月上旬を予定しています。

 

「森林セラピー」「生きものとのふれあい」など

新たなライフスタイルの提案とともに、
これぞ「1200年の高野山の森」をお伝えしていく準備をしてまいります。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 


◆ 赤い実が美味しい?

2009年12月24日 19:13

DSCN1296.JPG葉が落ちた雑木林には、赤い実をつけた木々がよく目立ちます。それは、写真のイイギリであったり、アオハダやタマミズキであったりします。

よく赤い実が小鳥に食べられると言われますが、本当に鳥にとって美味しいのでしょうか?

実際は黒いタラやカラスザンショウの実の方が先に食べられているようです。

また、小鳥たちは、ウルシやハゼのように水分の無いような実も大好物みたいです。

                   (N)


◆ 松枯れ防止樹幹注入

2009年12月21日 10:33

P1010010改.JPG

 

 

○毎年、冬になると松枯れの防止のために、松枯れ防止樹幹注入が行われます。

 

 

 

MatuA-M[1].jpg

 

○樹幹注入などの防除策を行わなければマツノザイセンチュウ(通称松食い虫)の餌食になり虫の入った松から近くの松も枯らされてしまいます。

 

 

 

P1010114.JPG

○樹幹注入は松にドリルで穴を開け専用の器具を使い注入していきます。写真は注入する薬です。

 ( Y ) 

 

 

 

 

 

 

P1010123.JPG


◆ 雪が来た

2009年12月16日 12:57

DSCN1281.JPGのサムネール画像今朝、部屋の外を走る水しぶきを上げながら走る車の音で目が覚めました。雨かな?と思っていたのですが、残念ながら雪でした。屋根には、もう5cm程の雪が積もっています。これで遅れ気味の仕事が、なお一層遅れてしまうなと憂鬱な気分に。

 でも林業は自然があって成りたつものと気持ちを入れ替えて、雪の中での自然の楽しみ方を考えて見ました。

 

 

 

 

DSCN1282.JPGのサムネール画像                            

やっぱり一番はこれかな?新雪の上に残った生き物、(主にほ乳類)の足跡の観察。一直線に着いてた足跡が突然乱れたりしていれば、そこでドラマがあったんかな?と想像しながら歩くのは非常に面白いものです。探偵になった気分。

 ちなみに写真はヤマドリです。

 

 

 

 

 

DSCN1283.JPGのサムネール画像

その次は誰も歩いていない新雪を歩くことです。キュッキュという新雪か固まる音は、なんとも言えません。

 

 雪でも外に出ましょう。   (N)   

 

 


○森林セラピーインストラクターとして現在様々な講習会や勉強会を受講する事があります。

森と心0.jpg

 ○この日は、「森と健康、森と心を語る」をテーマとした講演会でした。はじめに語りべでエッセイストの宇江敏勝(ウエトシカツ)さんが熊野古道の歴史や森林の現状などについてお話し頂きました。

 意外に手入れのされていない人工林が多いという話や、来られる方は女性が多いなどの話が印象的でした。また話の始めと終わりにホラ貝の実演をしていただきました。

 

 

森と心904.jpg

 

 

○次に大阪大学院教授の森本兼曩(モリモトカネヒサ)先生のお話で、ストレス危機社会と森林医学と言うことで、テーマを聞くだけで、眠たくなるような気はしますが、内容は興味深い物でした。  

 

 

091205_152821.jpg

  

 ライフスタイルがいかに健康を左右するか、人間が森林の中に入る事で主に針葉樹から発散されている成分を吸収する事により癒しの効果があるなどと言ったお話でした。

 

 

 

○最後に、まとめとして和歌山健康センター理事長の茂原治(モハラオサム)さんのお話で自分の体験談を基に森はすべての生命の支えになると言うようなお話でした。

 

○現在、森林の少ない都会などでストレスを抱えている方が多いとは思いますが、是非たまには自然に帰り心と体をリセットしてみてはいかがでしょうか。

(Y)

 

 

 


◆ 198名の小学生

2009年12月14日 08:36

P1010735.jpg 先週は月曜日から金曜日の内、4日間が林業教室。合計198名の小学生とふれあいました。

 

P1010727.jpg  初日には今年2番目となる人数86名。パイプイスが足らなかったので杉の角材でベンチを作りました。結構好評。

 

 

 

 

 

P1010753.jpg 

  とても寒い中の体験で、もしかしたら雪が降るかも?という予報でしたが降りませんでした。子供達にはそんな寒さは関係なし。元気いっぱい。

 

 

 

 

 

P1010773.jpg 作業現場も見学。見た事ない機械に興味津々。  

 

 

 

 

P1010098.jpg

 最終日は、雨のため自然観察となりました。

 高野山で一番大きいと言われている合体木をみんなで抱いている様子です。

 

 

 

 これで今年の林業教室はおしまい。

(S)

 

 

 

 


DSCN1263.JPG富貴は、高野山の東に位置し、廻りを800m近い山地に囲まれた、高野町では、高野山に次ぐ大きな集落です。

林業が盛んな頃は、非常に活気のある村だったと聞いています。今は、トウキ等の薬草、ミョウガ等の産地として有名です。また、マッタケは和歌山県1の生産量だそうです。

しかし、この富貴も過疎化が始まり小学校の生徒は8名しかいません。

今日は、全校生徒7名(1名は休み)の緑の時間です。

校長先生の話。9人の大人に囲まれて緊張してます。

 

DSCN1265.JPGのサムネール画像 その後、和歌山県庁の担当職員からのお話。

 続いて今日の講師Nのお話。

 

 子供達はすごくおとなしくて純情な感じでした。

 

 学校の近くの神社の森を観察。その頃ようやく緊張がほぐれたのか、子供達から話し声が。でも質問は無かった。

 

 

DSCN1267.JPGのサムネール画像学校に戻る頃から小雨が降り出したので、チェンソーの実演は、体育館への渡り廊下で。

 何の説明も無く突然始まりました。

 

 

 

 

 

 

DSCN1268.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 子供達も、音の大きさにびっくりしたのか、遠巻きにみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN1272.JPGのサムネール画像

電動丸鋸で切断したヒノキの輪切りにウッドバーニングで絵を描いて、本日の緑の時間が終了。

 

 あと1時間あれば、子供達とも楽しく森林観察ができたのに。

下の写真は富貴小学校で見つけたものです。懐かしく、又頑張とるかな?です。

                  (N)

 

 

 

DSCN1273.JPGのサムネール画像 DSCN1266.JPGのサムネール画像

◆ 霜の朝

2009年12月 9日 19:09

 

DSCN1251.JPGのサムネール画像9日、高野山は放射冷却で霜が降りました。本来なら葉を落としている、クマイチゴの葉にも霜がついています。

 

 今年は、今のところ暖冬傾向みたいですが、やはり冬は寒く無いとだめですね。

                   (N)

 

 


 

DSCN1248.JPGのサムネール画像 今年は暖かな秋でしたが、今日7日には初氷が張り、ようやく冬らしくなってきました。

 

 三本杉周辺は、静寂に包まれており、時々南を目指して渡っていくアトリやマヒワなどの冬鳥が上空を通過していくだけです。

 

 いつものように、門の横を通り奥に進みます。前方を小鳥が横切りました。これも北国から渡ってきたクロジです。

 

 さらに奥に進むとカツラの明るい林になります。鳥の声も全く聞こえません。

 

 

 

 

 

DSCN1220.JPGのサムネール画像  

 一本杉に抜ける峠道をあがっていくと、間伐で明るくなった林床にひときわ目立つヒヨドリジョウゴの赤い実がなっています。いつもの年なら鳥に食べられてしまっているのですが、今年は実が多いためか、残っているようです。

 

 藪が多い一本杉の谷につくと、ルリビタキやエナガなどの鳴き声が多くなりました。

 色々な環境が存在することが、生き物の種類も多くなるのですね。

 

DSCN1225.JPGのサムネール画像

 

道端にたくさんの鳥の羽が落ちています。カケスの羽根です。

鷹にでも襲われたのでしょうか?

ここにも自然界の厳しさが見ることができました。

 

冬のセラピーロードは春から夏にかけての生き物達の息吹に満ちあふれ気配は無いのですが、じっと春を待ちこがれている生き物達の生活を見ることができます。                  (N)

 

 

 


◆ デジカメの性能

2009年12月 7日 17:11

DSCN1246.JPGのサムネール画像 最近のデジカメの性能は本当にすごいですね。9月に長年使っていたコンパクトデジカメが壊れ先日新しいデジカメを13,000円で購入しました。もちろんポイントを使ってですが。

 

6日久々にクマタカを見に行きました、道の近くにとまっている若鳥を見つけ写真を撮りました。13,000円のデジカメが数年前に買った200,000円以上する望遠レンズと遜色の無い撮れ具合。

なんか悲しいような。

ちなみにクマタカは絶滅危惧種で。高野山周辺でも少数が生息しています。 (N)


◆ 三年生

2009年12月 7日 17:10

P1010700.JPG  先日、台風で延期になっていた林業教室へ行ってきました。今年3度目の渋田小学校へ。今日は3年生。

 順番にノコギリで丸太を切りました。

 

 

 

 

 

P1010704.JPG  その後はチェーンソーの実演。あっという間に切れました。

 

 

 

 

 

 

P1010718.JPG

最後は、木の切れ端や、枝を使い木工体験。

 

 かわいく飾り付け。

 

 

 

 

P1010720.jpg これは鹿かな。

(S)


◆ とても嬉しい贈り物が

2009年12月 3日 17:26

P1010725.jpg

 子供達から嬉しい贈り物が届きました。先日行った林業教室の感想文です。

 

 

 

 

 

 

 

 

20091203173414024.jpg

 一部内容を載せます。

 

 

 

 

 

 

P1010722.jpg

 これを読むと一日がんばれる!!

 

 

 

 

 

 

 

P1010557.jpg

体験に来たときの様子。

 (S)

 

 

 

 

P1010564.jpg

◆ ストックヤード完成

2009年12月 2日 19:14

DSCN1239.JPGストックヤードが完成し、今日12月2日が施主の検査日でした。

 

平地の時はそんなに大きく感じなかったのですが、建ってみると結構大きな建物です。

 

 

 

 

 

DSCN1241.jpgのサムネール画像

 

施工を行った岩出建設の工事営業担当部長、設計士とともにキズなどついていないか確認を行う。

                (N)

 


◆ クリスマスリース作り

2009年12月 2日 18:34

11月17日キノピー教室 003.jpg 先日、林業教室に行ってきました。スクリーンで森や林業の説明を見て、外で実際に丸太を切る体験。 

 

 

 

 

 

 

 

11月17日キノピー教室 024.jpg なれないノコギリを使い一生懸命切っていました。 

 

 

P1010653.jpg

  その後はクリスマスも近いということでクリスマスリース作り。生の木のツルを使い円状に巻いて輪を作り、あとは色んな物を飾り付け。

 

 

 

P1010661.jpg完成後はみんなで記念撮影。

(S)