◆ 大径木伐採

2011年5月31日 08:35

P8230170.JPG5月25日
伽藍の境内(西塔)横付近の桧の伐採が行われました。

 

霊木の伐採に向けては19日には斧入れ式がおこなわれました。

DSC_8368.JPG 

 樹齢は約370年です。
伽藍で育ち中門の用材として使用されます。
 

 

 

  

 

 

DSC_8618.JPG 

まさに共利群生ですね。


◆ ヘリコプター集材

2011年5月 9日 11:47

P4130920.JPG 先日200年から300年生のヒノキの集材がヘリコプターで行われました。

 

  集材されたヒノキは170年前に焼失して礎石だけになっている大伽藍の中門を再建する用材として使われます。中門は当時の建築様式で形式は五間三戸楼門で檜皮葺の木造入り母屋造り高さ約16メートル、東西約25メートル、南北15メートルで、大門の約3分の2の規模。

 

 

 

P4130922.JPG

 平成27年の開創1200年記念大法会記念事業の一環で、26年秋の完成予定。    

 

 

 

 

 

 

P1020230.JPG

ヘリコプター仕様

アカギヘリコプター

カモフKa32A11BC

最大出力2200馬力×2基

最大吊下げ重量 5000kg

最高速度 260km/h

最大吊下げ重量5トンのロシア製大型ヘリコプターです。