カレンダー

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

◆ ヘリコプター集材

2011年5月 9日 11:47

P4130920.JPG 先日200年から300年生のヒノキの集材がヘリコプターで行われました。

 

  集材されたヒノキは170年前に焼失して礎石だけになっている大伽藍の中門を再建する用材として使われます。中門は当時の建築様式で形式は五間三戸楼門で檜皮葺の木造入り母屋造り高さ約16メートル、東西約25メートル、南北15メートルで、大門の約3分の2の規模。

 

 

 

P4130922.JPG

 平成27年の開創1200年記念大法会記念事業の一環で、26年秋の完成予定。    

 

 

 

 

 

 

P1020230.JPG

ヘリコプター仕様

アカギヘリコプター

カモフKa32A11BC

最大出力2200馬力×2基

最大吊下げ重量 5000kg

最高速度 260km/h

最大吊下げ重量5トンのロシア製大型ヘリコプターです。


◆ 官 高野に

2011年3月19日 12:59

DSCN2708.jpgこの年になると、興奮する事が中々無いのですが、先週久々に興奮しました。

いつもの谷に、フクジュソウを仲間と見に行ったときに、何回も通っている道の近くにトロッコの車輪を見つけました。ずーーーーーと探していたのですが、こんな形で見つけることが出来るとは思いませんでした。取りあえず山道まで引っ張り上げて、見ると車輪に高野 官の漢字が。再び興奮。昭和二十年から三十年にかけて全国には多くの森林鉄道があったと思われます。車輪には、それぞれに所属箇所が、書かれていたのでしょうか?

2011.3.19.N


◆ 毎年恒例の

2010年12月20日 08:36

DSC03014.JPG高野山で森づくりのボランティア団体ゲンジの森の年忘れお楽しみ会を行いました。

毎年、紀美野町の会員の方が大量のシシ肉をってきてくれます。今年もそのシシ肉を利用した料理が多数出ました。

最後は、餅つきをして今年の活動を締めくくりました。

来年もみなさん森づくりに「頑張りましょう。

                   N


◆ ひっついた?

2010年12月17日 18:24

DSCN2624.JPG搬出間伐をしていて、残す木を傷つけることが良くあります。特に春先、木が活動しだすと少し木があたると大きく樹皮がめくれることがあります。そうなると将来的にその部分が変色したり腐ってしまったりと、材木の価値は大きく下がってしまいます。そこで実験をしてみました。2年前に剥離した樹皮を縄でしばっておいた部分がどうなったか見に行くと、剥がれた型は残っているが、しっかりと木質部の樹皮が癒着しているようです。後2,3年するとハッキリとした結果がわかるでっしょう。

今回は縄でくくっただけでしたが、育樹テープ等使うと一層効果的だと思われます。 

                   N


◆ みんなの力で

2010年9月 1日 08:21

DSCN2316.JPG世界遺産町石道の語り部をされているKさん兄弟が、女人道の一部でぬかるみの修復をやってくれました。

全くのボランティアです。

道もその周辺の森も、kさん兄弟のような善意で守られているのですね、。

                   N

 

 


DSCN2311.JPG8月26,27日両日にわたり、和歌山県内のみどりの少年団の交流集会が金剛峯寺の山林を中心に行われました。

来年行われる、全国植樹祭のマスコットキャラクターのキノピーも参加し、子供達も交流を深めた事と思います。

 

森林散策では、ゆったりコース(森林セラピー)と冒険コース(摩尼山の原生林の探索)に別れ行われました。 DSCN2309.JPG

冒険コースでは、滑りやすい所にはザイルを張り、安全確保(本当は希少植物を守る意味合いもあります。)。

 

 

 

 

 

 

DSCN2308.JPG1時間近く滑りながらたどり着いたところには、摩尼山の森の母、カツラの大木がみんなを迎えてくれました。

  (2010.8.30.N)

 

 

 


◆ 原木管理

2010年8月11日 17:16

DSCN2281.JPG中門用材も厳しい暑さのため木口割れが起こり始めました。

木口割れは、桧の特徴ですが、乾燥を抑えることにより緩和されます。

 

そこで、農業に使われている遮光ネットが活躍です。

 

 

 

DSCN2282.JPG

なんか変な光景ですが、これで若干でも木口割れが防ぐ事が出来るでしょう。

 

                N

 


◆ にわか雨

2010年8月11日 08:34

DSCN2283.JPG10日の高野山は遠く離れた東の海上にある台風の影響を受けて、激しくにわか雨が降りました。

降り続く雨なら作業は中止ですが、にわか雨には対処使用がありません。

 

 

DSCN2284.JPG現場から帰ってきたK君。上から下までぐっしょり濡れたそうです。

ご苦労様です。

  N


◆ 気持ちいい

2010年7月26日 12:50

DSCN2232.JPG

和歌山の森林インストラクター会が主催する和歌山森づくり塾の2期生の受講生が、高野山の森林、林業を学ぶために訪れました。

金剛峯寺山林部が最近行っている森林セラピーも体験して貰いました。夏限定のメニュー小川に足を浸し、「気持ちいい!!」

 

 

 

 

 

DSCN2234.JPG オッ!指にとまった(とまらせた)蝶々に得意げ。      


◆ 本当のボランティア

2010年7月21日 18:38

DSCN2208.JPGNも参加している高野山の町有林で活動しているゲンジの森づくり実行委員会に大阪難波から参加してくれている中村さんという80才近い人がいます。すごく元気で、いつも南海高野線の神谷から歩いて上がってきます。

先日、中村さんにゲンジの森近くで会いました。「この間の活動日にようこさしてもらわんださかい。今日は、鎌とのこぎり持ってきて、ゲンジの森の看板の廻り刈っときました。弁当忘れたんで、神谷まで歩いて帰りまっさ。ほなさいなら。」

と帰っていきました。なんかその日一日はいい気分のNでした。

                       N