カレンダー

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

◆ 高野山開創1200年大法会

2015年2月25日 11:38

いよいよ開創1200年大法会が迫ってまいりました

4月2日?5月21日の50日間におよぶ50年に1度の一大行事です。

 

山林部では期間中の混雑が少しでも緩和されるよう

警備体制や駐車場の整備を進めてきました

 期間中は駐車のルールが変わりますので皆様にご案内いたします。

 

20141120最終版駐車場マップ.jpg

開創法会期間中駐車場マップ.pdf

 

お問い合わせは

開創法会事務局まで


◆ 春のおとずれ

2012年4月19日 16:09

P41800300.JPG

高野山にも春がおとずれ山桜が満開になりました。

P4180034.JPG

珍客が陽気に誘われてお花見してました。


◆ うっすら雪化粧

2011年12月 9日 10:28
2011.12.9雪.JPG高野山は朝からうっすらと雪化粧していました。一ヶ月ほど前にはサクラの開花が見れましたが、本格的な冬に向けて一歩ずつ季節が変化 しているようです。

◆ またまた台風が

2011年9月21日 08:50

またまた台風が近づいてきました。この間の台風12号で大きな被害があった奈良や 和歌山にもたくさん雨が降りそうです。 これ以上被害が起こらないよう、心から祈る ばかりです。 みなさんも気をつけください。


P9011281-2.jpg

 9月1日より高野霊木之家横に伽藍中門再建工事『作業館』 がオープンしております。

 

 

 

P9011342-2.jpg

 中門用材の技巧実演。開創1200年を伝えるさまざまな展示。山上の散策をお手伝いする先達としての『高野山コンシェルジュ』。これらを中心に、『見る!触れる!学ぶ!』をコンセプトに、1200年目の節目を迎える高野山で、訪れるすべてのお客様をお出迎えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

P9071368-2.jpg  

 また高野霊木之家の庭園に小休憩していただけるスペースができました。 

 

 

 

 

 

 

P9071371-2.jpg

 

 お弁当持ちのお客様、ちょっと一服というお客様、是非お近くにお越しの際は気軽にお立ち寄り下さい。


まだ道路が寸断され孤立した地域があり、また土砂災害や鉄砲水で行方不明にある方々、そして尊い命を落とされた方々、さらに家屋等の損壊に合われた方々に、謹んでお見舞いを申し上げます。

◆ 台風

2011年9月 1日 16:47

 

3.jpg 朝から雨が続いています。今後の台風の進路がとても心配です。そんな雨にも負けず先日植えたヒマワリが満開です。

 

 

 

 

 

2.jpg 

 

 奥の鳥居は先日新しく建て替えられ、天狗嶽遙拝所と看板があり、一昔はここから天狗岳が望めたのですが現在は周辺の木が大きくなり、天狗岳が望めなくなっております。

また望める時がくるのでしょうか。

 


◆ お世話になりました

2011年3月31日 21:02

名称未設定 1.jpg長年お世話になった山林部を去ることになりました。30年間を振り返ると山火事、雪害等の災害の事が頭をよぎります。最初に行った山は分収造林239林班でした。その頃の山はまだまだ元気で作業員さんもはつらつとしていました。その林分は今では樹高が10mを超えています。年をとるのも無理はないかな?

また、皆様にお会いすることがきっとあると思います。その時は昔同様気楽に話しかけて下さい。

長い間おせわになりました。

        (2011.3.31N)


◆ 北海道から

2010年12月 2日 18:51

DSCN2614.jpg7月まで勤めていたTさんが、北海道から高野山に。このブログを毎日チェックしてくれてるみたいで、「奥の院の紅葉から、林業教室まで中々更新していませんでしたね。」と。

北海道は、雪が積もって真っ白だったそうです。

それにしても着物で北海道から高野山に来るとは驚きです。

写真のバームクーヘンはTさんから、山林課へのお土産でだそうです。美味しく戴きました。


◆ 季節はずれ?

2010年11月15日 18:43

DSCN2554.JPG

先週の土曜日、黄砂が西日本にやってきました。太陽も霞んでおぼろ太陽になっていました。

以前にも黄砂についてブログに書いたと思うのですが、Nの記憶が正しければ、早春にやって来たはず。この時期の黄砂襲来は珍しいのではないでしょうか?

 

(2010.11.15.N)